化粧品と美容液





使っている化粧品が、自分の肌に合うがどうかは誰しも気になるものです。特に乾燥肌の人には重大な問題です。保湿成分を配合したクリームや化粧水も利用しているけれど、肌への決め手に欠けるため美容液に頼るという方もいます。肌の保湿力が低下したり、十分に水分が供給されていない場合、しみやしわ、たるみ、にきびといった肌トラブルが発生します。乾燥肌は肌質だから対策の取りようがないと思い込んでいる人もいますが、化粧水や乳液、美容液によるスキンケアで肌質の改善が可能です。空気が乾燥する季節はもちろんのこと、日差しの強い季節には日焼けによっても肌が乾燥した状態になります。肌を乾燥させたままにしていると、肌のバリア機能や保湿機能そのものが弱くなって、一層肌が乾燥しやすくなってしまいます。乾燥肌になると肌の状態が敏感になっているわけです。若い頃は問題ななかった化粧水や美容液でも、乾燥肌になるにつれ相性が悪くなることもあるといいます。最近肌の乾燥が進んでいるからと、いきなり美容液やクリームをつける人がいますが、逆効果になることがあります。保湿力が低下し、刺激への抵抗力が低下している肌に対して、栄養をたっぷり含む美容液を使うと、肌が化粧品負けを起こす場合もあります。肌のコンディションに合う化粧品を探すには、刺激がマイルドな化粧品や美容液で肌の反応をチェックすることが大事です。








(C)化粧品と美容液 inserted by FC2 system

ノー洗顔やると肌がキレイになるって聞いたことある。




inserted by FC2 system